占い師:誠象のブログ 四柱推命・易・占星術

四柱推命・易・占星術・六壬神課・ホラリー占星術など占い全般について気づいた事をつづっていきます。

カテゴリ: 講座

本日5月17日生まれた人を四柱推命で見ましょう

日月年
庚乙壬
午巳寅
沐長絶

夏月に午日が巡れば、日干に係わらず調候の水があるかどうかがカギになります。幸い年干壬があり、これが助けになっております。ただ地支に根が無いのが不安定要素と言えるでしょう。年月の食神正財が生きるかどうかは生まれた時間に大きく影響され、また行運によって吉凶が大きく異なります。この生まれは気が強くハッキリ物を言う人が多いですが、人との付き合いは良い関係性を保ちます。しかし男性は女性に優しく気が利くため異性トラブルが多いのが悩みですね

本日は2022年5月7日です
今日生まれた子の命式は、
日月年
庚乙壬
申巳寅
禄長絶

今日は、庚申日の生まれです。申の語源は「神」を表す文字であり、庚はその申に建禄となりエネルギーが満ちていますね。なので日本には庚申信仰というものがあり全国各地に庚申神社が建立されています。そのため、この日生まれは宗教に縁があるとか信仰心のある人が多いともみます。

日柱と月柱の関係では、干支が干合支合して天地徳合となっておりますが、この場合は以前記述した君臣慶会とまではちょっと行かないようです。前回は同一空亡でしたが、今回はそうでなく、また申巳は合でありながら火金の剋であり刑でもあるので、問題は多そうです。

それよりも乙庚干合が金に化すかどうか見た方がよいでしょう。ただこの場合は巳月であるので、化すことはないです。また年支寅と三刑があるのは嫌ですよね。

もちろん重要なのは調候や通変星、五行によるバランスを重視しないといけません。この三柱全体を見れば、長生支が多くまた合冲刑が複雑に絡み合っています。こういう生まれの人は、変動変化の多い人生となりやすいですが、独力で乗り越えるだけの才覚と運を持っています。ただそれを生かせるかどうかですが、信仰心を忘れなければ良い方向に進めるはずです。



今日は二十四節気の「立夏」です。暦ではいよいよ夏が始まります

今日誕生日の子命は、節入り時間の21時25分を境に変わります。※地域時差、地球公転の均時差は考慮に入れておりません。

21時25分より前の生まれは、
日月年
戊甲壬
午辰寅
旺冠長

21時25分以降の生まれは、
日月年
戊乙壬
午巳寅
旺禄長

命式を比較すれば、いづれも日干土が強い身旺の生まれです。
,鉢△鯣羈咾垢譴弌↓,諒が良命ということになるでしょう。
色々な理由はあるのですが、一つには「陽刃架殺」という言葉があり、それに該当するのは,箸覆襪らです。その他それぞれ干支の関係を見ても,諒が良いとなりますが、△皺祇鬼韻忘と助けもあり悪いわけではないですが問題も色々見えてきます。

こういった例を当協会主催の研究会で掘り起こして研究していきたいですね
勉強中の受講生の皆さま、ぜひ研究会に参加できるよう頑張ってください!お待ちいたしております

今日はとても良い気候でした。なのでニュース番組では朝から高速道路の渋滞情報満載でしたね。

さて、今日生まれた子の命式は!
日月年
丙甲壬
辰辰寅
冠冠生

日柱の丙辰だけで見れば、一言で言えば明るい性格で普通にしていても目立つ存在であると言えます。この日柱で今すぐ思いつく芸能人で言えば、菜々緒さん、江頭2:50さん、錦鯉の長谷川さんが思い当たります。確かに見た目、行動など色々な意味で目立ちますよね。あくまで日柱だけですが。この三柱からの判断は、調候用神甲と丙の特定用神壬を完備し、年水→月木→日火と順生もして良い命の例です。確かにこの三干の関係だけを見ても、とにかく目立つ存在で恰好だけを気にする欠点もありますが、明るく元気で周りから好かれる存在になるでしょう。芸能、芸術関連に適性ありです

今日5月2日!ゴールデンウイーク間の平日、良い天気ですね 外に遊びに行きたいですね!

2022年5月2日、今日生まれた子の命は、
日月年
乙甲壬
卯辰寅
禄冠旺

地支木方合してます。出生時間に金の五行がなければ曲直格です。特殊命の生まれで、運の吉凶の取り方も一般の格(内格)と異なるため注意が必要です。三合木局の方が吉象ですが、この生まれである木方合は偏りが過ぎるため問題もあります。なので、こういう生まれの子の上手な育て方は、ひとつの特殊な才能を伸ばせてあげるように努めることです。一般的常識に照らすと欠点ばかり目につくかもしれませんので、そこから焦点をずらした方がよいでしょう。そうすれば特殊な世界で将来名声を得られることに

↑このページのトップヘ