占い師:誠象のブログ 四柱推命・易・占星術

四柱推命・易・占星術・六壬神課・ホラリー占星術など占い全般について気づいた事をつづっていきます。

カテゴリ: 四柱推命

五行説について編纂されている
中国の古書『五行大義』なるものが
あるのですが、そこに書かれている
土の性について、
「土に稼穡(かしょく)という」
「土は中におり、四季を主り、
四時を成す」とあります。

稼穡とは、種をまくのを稼といい、
収穫するのを穡といいます。
種は土中から、この土を貫いて
生えてくるのであり、
土がその特性を失ってしまえば、
いくら種をまいたところで
植物は育たないことを
意味しています。

また土はすべての中心であり、
家族構成の根幹を意味しております。
これらの事から土行には
親族の意が出てくるわけです。

四柱推命において、土行の状態が
よくない場合に、祖先、親、夫婦、
子供等の親族関係に問題が出る
といったことを言うのは、
土の特性から判断できるからです。



職業に関連する鑑定は、件数が
多い相談の一つです。
お金を稼ぐこと、つまり財を得る
というのは、生きて行くのに
大変重要な要素になります。

四柱推命では、これを適職論として
基本となる鑑定手法があります。

転職しても良いかどうかの相談では、
卜占での吉凶も見るのですが、
今の仕事が向いているかどうかを
見ることも大切なことです。
これは四柱推命の得意とする分野です。

例えば、
営業が向いているかどうかを見るのは、
その人の命式に長生支(寅申巳亥)が
あるかないか、またそれらがどのような
状態にあるかを判断する必要があります。
その他、通変星の偏財の状態も
重要なポイントです。


美容関連に向いているかどうかは、
火の五行であるとか、
十二支の辰の状態も参考にします。

先生と言われる、人を教育する
仕事であれば、甲の状態に目を
付けます。
これらの状態と言っているのは、
生まれ月や、十干十二支の
組み合わせによって判断が
まるで異なってくるからです。


組織で活躍できるのか、
独立した方がよいのかも、
占い師として判断しなければ
ならないことです。


四柱推命で陥り易い罠は、
この通変星があれば、この仕事、
この干支があれば適職はこうだ!
と判断してしまうことです。
もしこのような判断で
誤占しなければ、四柱推命は
半年も学べばマスターできるの
ですが、そんなに簡単ではありませんよね。



【ご案内】受講生募集
四柱推命鑑定師養成講座(初級コース)を
10月21日(木)開講いたします。
https://sansaisengaku.com/new-course/

2021年8月8日、認定表彰式を行いました。

6名の認定鑑定師が誕生しました
おめでとうございます

約3年しっかりと勉強されて、
認定試験を優秀な成績で合格されました。
皆さん陰で相当努力されていたようです

四柱推命に限らず、占術はとても奥深いです。
今回で一つの区切りではありますが、
さらに知識を身に付けスキルアップしてください


認定式20210808ブログ用





合格された6名の鑑定師さん



筆不精でしばらく間が空いてしまいました。

久しぶりの書き込みも、講座の宣伝で
申し訳ございません

下記にご案内いたします。

オンライン動画視聴で学ぶ四柱推命講座です。

講座レベルは、入門編となります。
講座タイトル:
占い入門!敷居の低い四柱推命講座
onlinetext





全部で4章あり、すべて動画視聴による講座です。
絵を使用してイメージから学んでいきます。
基本的な運勢はこれで学ぶことができます。


当講座は、オンラインの受講のほか、
当協会の認定鑑定師が講師をつとめる 
対面講座もあります。
ご興味のある方はお問い合わせください。








コロナ禍の中、四柱推命の新規講座を
4月18日に無事開講することができました。
皆さまのご参加ありがとうございました。
202104開講






尚、ウィルス対策の一環で定員数を半分に
削減しているため、満席後にお申込みされた
一部の方にお断りせざるを得ない状況には大変
心苦しく、また申し訳なく思います。
次回10月開始の新規講座でお会いできればと存じます。

↑このページのトップヘ