占い師:誠象のブログ 四柱推命・占星術

占い・四柱推命・占星術・六壬神課・ホラリー占星術について気づいた事をつづっていきます。

カテゴリ: 風水

中国の古いことわざに、1に命 2に運 3に風水 4に陰徳 5に経 ・・・と続くものがあります。

1の命とは宿命の意であり、人種、性別、親、祖先、土地、母国語、生まれた環境など自分の力では変える事のできない事柄であり、四柱推命の考え方での命は、その人の基本的な運、つまり家族運、夫婦運、金運、仕事運、健康運等の吉凶を指します。

2の運について四柱推命での考え方では、大きく分けると30年区切りの運、10年区切りの運、毎年の運、毎月毎日の運、といった具合に人それぞれの吉凶が巡ってくることを言います。運によって1の命が変わることはなく、巡ってくる運をいかに利用するかが大切ということでしょうか。

3の風水は、住む環境を整え良い気を受けて過ごすことや、擇日、方位学などもこれに当たります。巡ってくる運の吉凶は隠然と存在して凶を吉に転ずるというのは、如何とも難しいのでしょうが、凶運を抑える、吉運をさらに増すことは可能でしょう。逆もしかりで、風水が悪ければ凶命や凶運が更に増したり、せっかくの吉命吉運を無為にしたりと。

4の陰徳は見えないところで徳を積むこと、

5の経は学問知識をしっかりと身に着けること、あるいは読経など信仰心を持つということ。


1の命を知れば、自分の分というものが分かり、無い物ねだりで苦しむことはなく、2の運を知れば、悪い時期は動かず、また悪い事が起これば慌てず騒がず受け入れ、良い時期に可能性を見出せば失敗するということも少なくなるでしょう。その上で3,4,5を実践すれば充実した毎日が送れるはずです。 




先日吉方位どりに行ってきました。
良い日、方角でしたので、とても楽しい日帰り旅行となりました。
効果がでるのは、3ヶ月後ですが、長い目でみて数年後の貯金ともなります。

方位取りをするときは、九星をメインにして、
金函玉鏡を使用します。

九星と金函玉鏡がすべてよい日がそろうのは、なかなかないので、

どうしても動きたい日は、まず金函玉鏡で方角、次に出発時間、次に日の吉凶
で選びます。 その方角がちょっと厳しいなら、とにかく時間だけは、いい帯を
選ぶのが一番です。

仕事がらみで出かけるときは、時間を無理に合わせますが、どうしてもだめなときは、お参り、温泉等に入るのは極力さけます。



いよいよ今年も残り少なくなってきました。
今日はくもひとつない快晴で、絶好の掃除日和でしたので、
我が家の大掃除第1回目をやりました。
風水の基本は掃除ですから。清潔な家に住むことが、運気アップの
基本中の基本です。普段から掃除はしていても、なかなか隅々とは
いかないものですよね。年に1度の大掃除はぜひ実行したいものです。(・∀・)

風水を使って運気アップっていうワードよく耳にしますよね。
四柱推命などは「命」として、もう動かし難い運命ってイメージがありますが、
そんなことはありません。
四柱推命を利用して、その人に一番あった運気アップの方法があります。
四柱推命は中国古来より伝わる、すべての物(万物)は「木火土金水」の元素(5行)から成るというたとえです。

生年月日時より、その人のもつ性質をこの5行で表現されているのです。

先日久しぶりに方位どりに行ってきました。温泉と神社参拝です。方位は東北方面で、この日の東北方面は休門+天乙の大吉です。休門なので疲れを癒し鋭気を養うのに最適です。実際とても良い日帰り旅行となりました。基本は金函玉鏡と九星方位気学の組み合わせで方角を決定しましたが、出発時刻のホラリー占星術も参考にする場合があります。月や火星のアフリクトがある場合や天王星のアフリクトは車両や渋滞、事故関係は要注意です。

↑このページのトップヘ