占い師:誠象のブログ 四柱推命・易・占星術

四柱推命・易・占星術・六壬神課・ホラリー占星術など占い全般について気づいた事をつづっていきます。

カテゴリ: 総合

2021年8月8日、認定表彰式を行いました。

6名の認定鑑定師が誕生しました
おめでとうございます

約3年しっかりと勉強されて、
認定試験を優秀な成績で合格されました。
皆さん陰で相当努力されていたようです

四柱推命に限らず、占術はとても奥深いです。
今回で一つの区切りではありますが、
さらに知識を身に付けスキルアップしてください


認定式20210808ブログ用





合格された6名の鑑定師さん



四柱推命で表す「命」は、
ある意味の宿命を示しています。
一番身近なのが、六親と言われる
親兄弟、夫婦関係など家族関係の
良し悪しです。

本人が良い関係をどんなに願っても
宿命や運がそれを引き裂くことが
あります。

毎朝拝見しているNHKの
連続テレビ小説『おちょやん』の
家族に恵まれない主人公を
見ていると、ついつい
こんなような命式になっている
んだろうか、などと考えてしまいます。

四柱推命は生まれや家族親類の
吉凶を読み取りやすい推命術です。


四柱推命占い師養成講座を開講いたします。














鑑定において筮前の審事(占う対象は何か、
吉凶を断ずる事柄についてしっかりと吟味すること)
はとても大切です。
いわゆる占的は何か、としっかりと見定めれば、
外すことはほとんどないでしょう。

そのためには、相談者の話をよく聞いて、
本当のところ何を占ってほしいのか
しっかりと理解することは言うまでもないです。


ただ私の場合、気が向いたとき?とか
何気なくですが、この日のこの時間に
来る人はどんな相談だろうか?と前もって
六壬神課を使って盤を立てる場合があります。

この六壬神課には、この日この時に
来た人の相談事の多くは「何か」を
断じている課体があり、今までの鑑定
経験からすると、その的中率は驚異的です。


実際の鑑定からいくつか例えると、
ある日時の課体では、「必ず財動の事あり、
遠近を問わず財は我が身に至る」と
いうのがあります。
そのことを相談者に尋ねると、
「ある遠い親戚が亡くなり、その人は
身寄りがないため、自分がその財産(かなりの額)を
相続することになった」。


「この日この時間に尋ねてくる女子は、
双女である」という文言があり、その時の
鑑定では気に留めなかったが、当人より
双子の姉がいることを告げられたとか、

「この日時の相談の多くは土地家屋の件なり」
という課体の場合には、
相談者より開口一番、土地と家を購入したいが、
時期はいつ頃が良いか?
などです。

その他恋愛トラブルや、神さまごと?の件など、
実際に鑑定をしていて驚くことが多いです。


ただ吉凶を断ずるには、その課体の読み方を
しっかりとマスターしないと単にその相談
内容を的中させただけで意味がなくなって
しまいます。




六壬神課の課体と言われる盤は、
720局あって、2時間ごとに
変わっていきます。
この720局には、あらかじめ定められた
吉凶や出来事が示されていますが、
720局は単純に720種類というわけでなく、
季節や12天将の配置により、その1局に
ついてさらに多くの組み合わせができるため
実際の鑑定で吉凶を断ずるのは単純では
ありません。











推命(四柱推命や西洋占星術など)、
卜(易、タロットなど)、
相(人相、手相、家相など)
のいずれにおいても
占うことの要領は、

一番目に付くところを
判断の起点に置くということです。

四柱推命を例にすれば、
四柱中に病(やまい)となる
干支があるかなしか、
何の五行に偏っているかなどです。

それと合わせて、占う相手の
「身・位・時・事・占」を
しっかりと対照し、
それから次第に細かい点まで
網を拡げて、最初の起点に
引き寄せて求めることです。
※加藤大岳先生の著書より一部抜粋。

鑑定する上において忘れてはいけ
ないことです。


先日も四柱推命講座の受講生さんから、
「四柱推命は統計学ですよね」との
話しがありました。
先日も、と書いたのは、よくこのように
言われることがあるからです。
結論から言えば、統計学ではありません。

四柱推命の成り立ちを考えれば
わかるのですが、四柱推命は
陰陽・五行説の哲学思想を
基にしています。

ある時代の為政者が統計学者?に命じて
生年月日から人の性格や運について
分類統計を取った(笑)
わけではありません。


以前もこのことについて、ブログに書いたことが
ありましたので、参考にしてください。
2016年12月17日
占いは統計学?
 http://www.shibiroom.com/archives/52074155.html

↑このページのトップヘ