占い師:誠象のブログ 四柱推命・占星術

占い・四柱推命・占星術・六壬神課・ホラリー占星術について気づいた事をつづっていきます。

カテゴリ: 総合

中国の古いことわざに、1に命 2に運 3に風水 4に陰徳 5に経 ・・・と続くものがあります。

1の命とは宿命の意であり、人種、性別、親、祖先、土地、母国語、生まれた環境など自分の力では変える事のできない事柄であり、四柱推命の考え方での命は、その人の基本的な運、つまり家族運、夫婦運、金運、仕事運、健康運等の吉凶を指します。

2の運について四柱推命での考え方では、大きく分けると30年区切りの運、10年区切りの運、毎年の運、毎月毎日の運、といった具合に人それぞれの吉凶が巡ってくることを言います。運によって1の命が変わることはなく、巡ってくる運をいかに利用するかが大切ということでしょうか。

3の風水は、住む環境を整え良い気を受けて過ごすことや、擇日、方位学などもこれに当たります。巡ってくる運の吉凶は隠然と存在して凶を吉に転ずるというのは、如何とも難しいのでしょうが、凶運を抑える、吉運をさらに増すことは可能でしょう。逆もしかりで、風水が悪ければ凶命や凶運が更に増したり、せっかくの吉命吉運を無為にしたりと。

4の陰徳は見えないところで徳を積むこと、

5の経は学問知識をしっかりと身に着けること、あるいは読経など信仰心を持つということ。


1の命を知れば、自分の分というものが分かり、無い物ねだりで苦しむことはなく、2の運を知れば、悪い時期は動かず、また悪い事が起これば慌てず騒がず受け入れ、良い時期に可能性を見出せば失敗するということも少なくなるでしょう。その上で3,4,5を実践すれば充実した毎日が送れるはずです。 




「易の卦は生きている」とは、加藤大岳先生がよく言われていた言葉だそうです。


凡才の私には、この言葉の本質がなかなか理解できておりません。
生きているとは、動いて変化する? 成長する? やがて死を迎える? 生きていれば裏もある?などと自分を納得させるよう色々と考えるのですが、、、、。

加藤大岳先生の高弟である林成光先生は、この言葉を繰り返して言うと嬉しくなったそうです。「卦は生きている・・・卦は生きている・・・」これだけで問題解決なのではと思われたそうですが。

私なりに林先生の解釈を熟考すると、ああ、そうか!生きているとは魂を持ち意志を持つ、卦の言いたいことはちゃんと出ている、ということなのでしょうか。

難しい卦とは読卦力が足りないから難しいと感じるとよく言われるのですが、いきもの相手では難しいわけです。


・・・などど自分を納得させず読卦力を上げるよう精進しております(汗)。

あるご婦人からの相談です。
ここに相談にくるということは、色々と手を尽くされていると思いますので、
深刻な状況には違いないですよね。

子供に恵まれるかどうかは、ホラリーや六壬神課よりもその人命式、
つまり四柱推命や占星術などの出生図でまず判断をします。

まず四柱推命でパッと見た時点で、、、あっ!と心でつぶやいてしまいましたΣ(゚д゚;)
でん!っと倒食が構えているでは、ありませんか。
倒食というのは、命式に子供の星である食神とともに偏印がある命式のことです。
その名のとおり、子供の星を倒すという意味でとることができます。

その不安を抱えながら、ホラリーで占ってみると、やはり、子供を示す5ハウスの
守護星が12ハウス。そしてこの場合は特に月の状態を注目する必要があります。
その月の状態はペディグリンで、ノンアスペクトだが最後に金星とスクエア(´;ω;`)

伝えにくいのですが、いい加減なことを言うわけにもいかないのと、知り合いのご婦人で
淡々とした性格も知っていたので、思い切って伝えたところ、ケッろとして、
やっぱりそう、と一言。何か方法ある?と、 
なので占星術のある秘伝を伝えたのですが、年齢的にも厳しいですので、今年が最後のチャンス
でしょうか。



風水を使って運気アップっていうワードよく耳にしますよね。
四柱推命などは「命」として、もう動かし難い運命ってイメージがありますが、
そんなことはありません。
四柱推命を利用して、その人に一番あった運気アップの方法があります。
四柱推命は中国古来より伝わる、すべての物(万物)は「木火土金水」の元素(5行)から成るというたとえです。

生年月日時より、その人のもつ性質をこの5行で表現されているのです。

占いって何だろう? たまに自問自答することがあります。占いの起源は極端な話、人類が誕生し(規模はどうあれ)コミュニティーができた頃にはすでに発生?してたんだろうと思います。古今東西、色々な目的で使われてきたのでしょうね。政治、戦争、恋愛、結婚、エトセトラ・・・、幸せになりたい!ひとより一歩抜きん出たい!生き残るため?心の安寧のため?

↑このページのトップヘ