元プロゴルファー東尾理子さんは世代によっては元西部ライオンズのエース東尾修選手の娘として、あるいは夫が希代?のプレイボーイ石田純一さんの方が有名でしょうか。

さて彼女の命式は、1975年11月18日生まれ
日月年
戊丁乙
辰亥卯
まず日柱戊辰日生まれ女性は、やり手で活発、また聡明であるので周囲からの信頼を得ます。年の正官がしっかりしており、財官印揃った真面目で何事にも誠実に対応できる大変良い命ですが、
行動が男っぽく色気に欠けるのが残念なところでしょうか。
離婚の危機が何度かあったと報じられていましたが、子供のためにしっかりと家庭を守る意志の強さは抜群です。日柱戊辰の女命は夫縁が変わりやすいのですが、他の干支バランスが良いのが離婚するまでに至っていない理由でしょう。 
今年は壬寅ですので、月柱と天地徳合に、寅卯辰の木方合ができるので吉凶さまざまに混じる変化の激しい年廻りとなります。丁印が干合で木行の官がかなり強くなるので、仕事量が増えオーバーワークか、またまた夫の問題で悩むかですので、健康とメンタルヘルスのケアを充分にしないといけないです。しかし生まれた時間によって従殺格になれば飛躍の年とも判断できます。いづれにしても転機となる年の巡りでしょう。