占い師:誠象のブログ 四柱推命・占星術

占い・四柱推命・占星術・六壬神課・ホラリー占星術について気づいた事をつづっていきます。

2016年06月

ある会社経営の方からの相談です。

新規で営業をかけてきた会社があり、提示した条件も良いがどうだろうか?
との相談内容です。

六壬神課では取引相手の第三課が空亡しています。
どうやらあまり信用できる相手ではなさそうですし、調子の良いことばかり並べて云いそうです。

易(三変筮)では、乾為天の4爻、
やはりうわべだけで中身がないようです。

お金だけがかかり、業績への期待はしないほがいいですね。と伝えると、

社長曰く、交渉ですんなり半額にしてきてくるのもおかしな話ですよね、
最初は交渉がうまく行ったと喜んでいたが、どうにも引っかかることがあったので、
お聞きして良かったです。

長年の経営者の”感”は易とかわらないですね(^^)

お久しぶりです(・◇・)ゞ

鑑定の結果については、ご本人さんから了解を得ないといけないので、
ブログの更新がなかなか出来ないですネ。

さて、先日鑑定した失せ物占です。

年配の婦人からの相談で、ある倉庫のカギをなくしてしまったのだが、
どこにあるのでしょうか? でてきますでしょうか?
との内容です。

まず、易での判断です。
略筮(三変筮)での得卦は風地観の5爻。
これは、時間はかかるでしょうが、出てくるとみます。
風地観は観光の語源になっている卦です。
その真意は観るにありますので、当然その鍵を観ることになります。

ただ5爻であるので、すぐには出てこない。
六壬神課でカンニング?したら、やはり含吟課で、どこかに隠れている意味があります。
ただ鍵を意味する天将(白虎)が三伝の末伝にでていますので、これからも出てくるが
遅れるという意味です。

では、どこにあるのでしょうか?
易では5爻を指しているので、自宅近辺ではありません。

六壬神課では、鍵の天将は白虎になり戌の上神となっています。
戌の場所か、冲である辰の場所かということになります。
戌も辰も土の五行なので、庭ととれますが、自宅ではないので、
知り合いの庭では?
などと、考えを巡らせましたが、すぐには出ないということを示しているため、
探しても見つからないが、いずれ出てくると判断しました。

失せ物占は、難しいですね。


↑このページのトップヘ