占い師:誠象のブログ 四柱推命・占星術

占い・四柱推命・占星術・六壬神課・ホラリー占星術について気づいた事をつづっていきます。

2015年11月

昨日は一宮3クラス合同での忘年会
多くの受講生さんに集まっていただき賑やかで楽しい忘年会でした。

2次会まで行った方は遅くまで飲んでいたようですが、本日の体調は大丈夫でしょうか?

そこは飲み慣れた(?)方々ですので心配ないようですね

明日は日曜クラスの今年最後の講座です。
先回講座の復習をきっちり行いたいと思います。

四柱推命名古屋教室の第2回目が先日の土曜日に終了しました。
更新が遅れました(・◇・)ゞ

一宮の受講生方々に負けず劣らず熱心な姿勢に感激です。
私も四柱推命を早くマスターしてもらうよう、改善を加えながら頑張りますv( ̄∇ ̄)v

来月は12月19日土曜日13時半からです。

本日は一宮市民会館で四柱推命初級コースでした( ´∀`)つ

身旺身弱の計算式が分かりにくかったようですので、次回復習をしますねヾ(´ω`=´ω`)ノ
次回は教室予約の都合で2週間後の29日日曜日に実施いたします。



さて、タイトルの占例につきまして、
詳細をださないという条件で約束しましたので、簡略でアップします(・∀・)つ

社員数が数名の小規模会社の社長からの相談です。
ビジネスマッチング会場で知り合った会社があるのだが、その会社からの提案で
話を進めてもよいのだろうか? とにかく受注しないといけないので、
悪い条件でものまないといけないのだろうか?と心配な様子です。

六壬神課と易での活断です。
まず六壬神課では、相手に天空と蛇が乗じています。天空はウソ、蛇は悪い心ととります。
どうもよくない相手です。
易で離為火の上爻、これからの話なのに上爻では話になりません。
得卦の離為火の意に「奸計に陥る」もあります。
これでは、相手にうまく乗せられてまったく利益がでません。
でないどころか損失さえこうむる恐れもおります。
止めるのが賢明です。

水曜午前のクラスは、初級コースが終了して、本日より中級コースをスタートしました。
受講生の皆さんの理解もだいぶ進んでいるようですv( ̄∇ ̄)v

初級よりも質量ともにだんだんと増えていきますので、見直しをしっかりしてくださいませ( ´_ゝ`)ノ

来月の水曜日クラスは12月9日です。









久しぶりの占断書き込みです(・∀・)つ


数年前に休業状態になっている場所で再度ある商売を始めたいがどうだとうか?
常連のお客さまからの相談です。

まずは易(略筮)で立ててみると、沢地萃の初爻です。
六壬神課では重審課。

沢地萃は人の集まる卦、これから始めようとする初爻も合致しています。
下卦の坤に一陽が飛び込み震となり動き出す気配あり。裏卦は山天大畜であり、
ここでは止めろの判断ではなく利益もそれなりに蓄えることができると判断します。

六壬神課では、全体的にはそれほど強い卦ではないですが、
重審課の再開に合致しており、商売の財、1課に父母爻と青龍とよい星も乗じていますので、
進めても問題ないでしょう。
当時止めざるをえなくなった反省を踏まえて、あらたに軌道に乗せられるはずです。


↑このページのトップヘ