占い師:誠象のブログ 四柱推命・占星術

占い・四柱推命・占星術・六壬神課・ホラリー占星術について気づいた事をつづっていきます。

2013年03月

こんにちは(*・ω・)ノ( ´∀`)つ( ´∀`)つ


ある場所の店舗がしばらく前から空いている、
人通りも結構あるし、近くに文化センターもある、
以前もその場所は、喫茶店をやっていたのだが、
たぶん料金が高くてサービスにも問題があったのだと思う。
そこで始めたいがどうだろうか?

こんな相談を受けました。
六壬神課で吉凶を出してみました。
六壬神課では返吟課、
これは、その名の通り、とらぬ狸の何とかで、、、、
考えていたことと反対のことが起こる意味です、
つまり、文化センターからのお客さんも思ったほど来ない、
多いと思った人通りからもお客さんとして流れてこない、、などです。
見合わせたほうがいいですね。




深刻な表情で入ってきたお客さん。

仕事上の悩みとのこと。
今までとてもいい関係だった相手との取引が、
ここ最近変わってきたとのこと。

何が変わったのか?
相手のこちらへの対応が、とても厳しく、理不尽な要求が多くなり、
以前では考えられないくらいの言葉を投げかけてくるので、
精神手的に参ってしまっているとのこと。

六壬神課で卦を出してみると、これが「含吟課」
文字通り、何か相手側に含みがあるということ。

さらにタロットで深層心理を探ったところ、
ペンタクルスカードの逆位置が多くでており、一見して
お金の問題、、、とわかります。

それとなく、相手の人がしばらく前に新しい事業をはじめなかったか聞いたところ、
当人が思い当たるふしがあり、それ以降対応が変化しはじめたとのこと。

他のカードを見ても昔のようないい関係に戻りたいという希望は、ちょっと難しいようです。
貧すれば窮するですので、お金の問題は根が深いです。


こんにちは、またまたご無沙汰しております(・∀・)つ
暦では明日から啓蟄なのに、まだまだ寒い日が続きますよね。
ただ日差しの強さなどで、もう暖かい春が来る兆しは読み取れますよね。


昨日お電話がありました。
1月の中ごろに鑑定した人です。
開口一番、「見事に当たりました〜! 東京に転勤です」 
とのこと、、、こう言われるとうれしいのですが、

そう思い出せば確かに、2月中に昇進か栄転の話があると伝えました。
相談内容は、今の地域は本当に苦労している、こっちに転勤して
2年しかたっていないから、もうしばらくここで頑張らなきゃならないのか・・・
と、少々お疲れの様子。
2月中には現状から抜けられる状況がでており、時期的にも企業の定期異動の
季節なので、現在のところから他の地域への栄転があると申し上げました。

確か占星術のプログレス法から時期と内容を導きだしたと思ったのですが、
こちらはすっかり忘れていましたので、少々戸惑いましたが、
的中するにもいい話であればなんでも歓迎ですよね。





↑このページのトップヘ