占い師:誠象のブログ 四柱推命・占星術

占い・四柱推命・占星術・六壬神課・ホラリー占星術について気づいた事をつづっていきます。

2010年10月

(・◇・)ゞ 

海王星は1846年に発見されました。
占星術において海王星は、「目に見えないもの」のたとえに代表されます。
この星が与える影響は結構大きいですね。
ACorMC近くにあれば、その人の職業に与える影響も大です。

良い影響であれば、「目に見えない」「手の届かない」意味で、インターネット関連の職業に縁もあります。
悪い影響があると、欺瞞の意味が出て「まぼろし」のごとく終わってしまう恐れもあります。
良いか悪いかの判断は他の星と同じく、出生ホロスコープでどういうスタンスにいるか判断が必要になります。

(・∀・)、こんにちは、またまたご無沙汰してます。

早速ですが、、、

占星術で大変重要視されるのが、星の格式です。
格式は星座と惑星の関係から導かれます。
格式は 盛・興・敗・衰の4つにわけられ、文字どおり、盛、興であれば、
吉星はさらに輝き、凶星は凶意がおさえれれます。

占星術は天動説ですから、常に星座は異動し、惑星もそれぞれの速度で動いています。 生まれた日が違えば速度の速い惑星が居座る星座も異なってきます。

2ハウスの守護が木星が入っている、、基本的に金運は良いです、との判断になりますが、凶星からのアフリクトがあったり、格式が低いと、大金はちょっと、、、ともなります。もちろんしればかりでなく、単純な判断とはいきませんが。



↑このページのトップヘ