占い師:誠象のブログ 四柱推命・易・占星術

四柱推命・易・占星術・六壬神課・ホラリー占星術など占い全般について気づいた事をつづっていきます。

滴天随にある『陰陽順逆 落書流行』とは、落書に書かれているとおり、十二支の流れが陽干は順行(陽が長じ窮まり衰退して季節を順に進むこと)、陰干は逆行(陰が長じ極まって陽に向かいながら季節を逆に進む)ことを言っています。 ※落書とは後天定位図が書かれていとたされる伝説の書物のことで、河図とともに易・九星といった東洋占術の基本的概念のもととなっています。

陽干甲で亥の水に生じて長生、寅の建禄に至って卯に帝旺となる十二運星の道理ですが、「建禄」は安定して勢いがあり、凋落の気配を感じるところには達していない意味があります。つまり一番安定する十二支は何かとなれば、陽干からみて蔵干正気に同じ陽干を持つがそれに当たります(の気配を感じていない)。他には、の建禄は(正気蔵干)、の建禄は(正気蔵干)、の建禄は(正気蔵干)、戊については、火土一体の考えからが建禄になります※陽干の建禄はすべて四冲(寅巳申亥)になります。土行の十二運については異論があり、加藤大岳先生の書籍でも別説を唱えています。

十二運「帝旺」というのは旺が過ぎて陽から陰への移行を見る境です。つまり、陽干から見て正気蔵干が同一五行陰干である四旺支(子卯午酉)がそれに当たるわけです。甲の帝王は卯(正気蔵干乙)というように、四旺支の正気はすべて陰干である理由にもなります。※旺支に陰干を見るのは陽極まれば陰という盛衰の移行を内にみています。

陰陽順逆」から陰干の場合は順序が逆となるのですが、陽干のように生じる支が十二運の長生になるかというとそうではないです。例えば陽干甲の帝旺(卯)のときに旺が過ぎを見る訳ですから、陰干の乙から見れば卯を建禄の安定としてここから逆行していくと考えて良いでしょう(※陰干の建禄すべてが四旺(子卯午酉)に該当するのもそのためです)。逆行すれば当然十二運星の持つ旺衰強弱が合わなくなります。

そのために陰干の十二運星は役に立たないといった考えがあります。しかしながら『陰陽順逆 落書流行』の意味を汲めば決して疎かにすることはできず、十二運星のもつ意味・暗示等の運勢は推し量るべきでしょう。

小泉純一郎元首相と息子の俳優小泉孝太郎さんが9月28日バラエティー番組初の共演のニュースが出ていました。

小泉純一郎元首相の生年月日は、1942年1月8日
日月年
辛辛辛
酉丑巳
1年運
辛庚己戊丁丙乙甲
丑子亥戌酉申未午

四柱推命を習った人なら分かると思いますが、三合金局を作り天干も辛金だけ揃って特殊な命式です。総理大臣にまで上り詰めるわけですから強運の持ち主であるのは間違いないのですが、命式だけ見ても比類なき強運さがわかります。(出生時間にもよりますが)基本は従革格として見たいのですが、丑月の生まれで、調候を欲っするため火行が必要な内格の命として見た方が良いでしょう。いわゆる運の流れによって内格にも外格にも変化する命ともとれます。しかし辛の特性を考え、戊己土の運は不調で良くないです。なので22〜31歳までの戊戌運はあまり良くなかったはずです。総理大臣になったのは南方火運に入った大運乙未の年運辛巳の運で、政治家を引退するときはに己丑土運が巡っているときです。

先日掲載した東尾理子さんと3回目の結婚を継続中!?の石田純一さんについてを占ってみましょう。生年月日は、1954年1月14日生まれです。
日月年
庚乙癸
午丑巳
沐墓生

日柱庚午生まれの男性は、社交的であるが浮気性で一定の場所に根をおろして生活することがなかなかできにくい性格をしています。穏やかそうに見えて気が強くハッキリものを言う特徴。特に男女の恋愛トラブル多く、また親族との関係が難しくなる生まれですので、この方の人生をそのまま表しているのではないでしょうか。この命式は日支午吉神となり、妻となる方からの支援を受ける命なので、奥さんを大事にしないと運気が下がります。ただ命中癸乙のバランスは良く、欲しい火行を持つので運の強い命ですね。未の年は変化変動運ですので要注意です。

元プロゴルファー東尾理子さんは世代によっては元西部ライオンズのエース東尾修選手の娘として、あるいは夫が希代?のプレイボーイ石田純一さんの方が有名でしょうか。

さて彼女の命式は、1975年11月18日生まれ
日月年
戊丁乙
辰亥卯
まず日柱戊辰日生まれ女性は、やり手で活発、また聡明であるので周囲からの信頼を得ます。年の正官がしっかりしており、財官印揃った真面目で何事にも誠実に対応できる大変良い命ですが、
行動が男っぽく色気に欠けるのが残念なところでしょうか。
離婚の危機が何度かあったと報じられていましたが、子供のためにしっかりと家庭を守る意志の強さは抜群です。日柱戊辰の女命は夫縁が変わりやすいのですが、他の干支バランスが良いのが離婚するまでに至っていない理由でしょう。 
今年は壬寅ですので、月柱と天地徳合に、寅卯辰の木方合ができるので吉凶さまざまに混じる変化の激しい年廻りとなります。丁印が干合で木行の官がかなり強くなるので、仕事量が増えオーバーワークか、またまた夫の問題で悩むかですので、健康とメンタルヘルスのケアを充分にしないといけないです。しかし生まれた時間によって従殺格になれば飛躍の年とも判断できます。いづれにしても転機となる年の巡りでしょう。

しばらく前に「大殺界」という言葉が流行したのは、六星占星術を出した細木和子さんが使った用語です。これは六十干支といわれている十干と十二支の組み合わせが第1旬から第6旬までの6パターンのうち四柱推命でいう空亡支2つと空亡が明ける次の支を併せて大殺界と名付けております。
この大殺界で思い出すのは、1970年代に和泉宗章さんが出した書籍「天中殺入門」を思い出します。当時この天中殺と言う言葉も流行りました。いづれにしても空亡を利用した呼び名です。

私は、断易、六壬神課などの卜占では空亡は使用するのですが、生年月日で占う四柱推命においてはこの空亡は重要視しておりません。理由はいくつかあるのですが、やはり運の吉凶というのは十干十二支の陰陽五行に帰するからです。大殺界のときに悪かったというのは、流年運の干支の吉凶で断ずるべきで、それがたまたま重なったというのが正しい判断です。



〜ご案内〜
2022年10月19日 四柱推命占い師養成講座(初級コース)全8回を開講いたします。毎月第3水曜日(14:00〜17:00)の開催です。まだ若干空席がありますので、興味のある方はお問い合わせください。

↑このページのトップヘ