占い師:誠象のブログ 四柱推命・易・占星術

四柱推命・易・占星術・六壬神課・ホラリー占星術など占い全般について気づいた事をつづっていきます。

先日大麻所持で逮捕された
俳優、永山絢斗氏の生年月日から
四柱推命で読み解いてみたいと思います。

日月年
丙丁己
寅卯卯

旺木から日干が生じられている
木火の強い命式です。
良く取れば、木→火→土とながれ、
俳優や芸術家としての
才能は多分にあるのですが、
印が三位と多すぎるのが問題で、
何事にも依存しやすくなります。
しかし一番の問題は年干にあります。


命式に水行がまったくなく、強い木火行に
囲まれた己土は燥土の悪い状態です。

己は大地の仮象であり、大地は
万物を取り込むことから、
「清濁(善悪)併せのむ」意になるのですが、
このように悪い状態がでると、
濁(悪)の方が目立っようになってしまいます。
さらに、この己が傷官になっていることは、
良い場合では、才能を上手に発揮することが
できるのですが、このような悪い状態に
なったときは、まさに正官を傷つける意から
悪に染まる意味がでてきます。

この人にとって今年は癸の正官
巡ってきたわけですから、名誉失墜の象意が
出て逮捕されたのは必然なのでしょう。




【秋の四柱推命講座!受講生募集中】
10月21日(土)14時〜新規開講!
詳細はこちらよりどうぞ。
四柱推命講座のご案内

滴天随第3巻記載の用神の取り方について、

時日月年
癸丙甲丙
巳午午寅

時干にある一点の癸水は、
周囲はすべて木火であり、
日干丙に影響を与えることなく
蒸発するために、火の強勢に
従うのみ
です。
そのため、木火運は強運となるが、
亥の水運に至れば、烈火を激して
家運は破れつきて死に至った。
…と書籍にあります。

いわゆる「旺神を激する」例です。

下記例、実在の人です。
日月年 
丙壬乙
午午未
大運、乙亥
2023年5月17日
日月年
乙丁癸
亥巳卯

この人は月干に壬あるため、
上記例と違い従旺格ではないですが、
亥の大運に入り亥日に旺神激して
水火剋戦となり、
上記日に
突然お亡くなりになりました。
その他にも、丁壬の干合、
巳午未の火方合、亥卯未の木局三合、
亥巳の冲、命式と行運が色々と絡んできます。




本棚から日に焼けた古い書籍が目に付いたので、
思わず手に取ってみました。
その本は、加藤大岳先生の高弟である
紀藤元之介先生が書かれた本「易占始終」でした。
※私の師匠からお借りしたものです。
その中に、「求占するわけ」の見出しがあったので、
下記にまとめてみました。

「占い」によって何事かを
解決しようとするのは、
精神的あるいは物質的にしろ
功利的な(利益や効果がある)
欲求から来るものである。
その煩悶苦悩から脱して、安泰幸福な
境地に至りたいと願うのが普通である。
そのため「占」を求めてくるからには、
それなりの理由があり、なんらかの「
が動いているのである。
そのため占う側(占い師)からすれば、
この「」を機敏にキャッチできるかどうかが、
的確な「占」をするひとつの大きなカギ
となる。いわゆる占い師の「カン」というやつで、
この錬磨修得の差が占考に大きく
影響してくるのである。
・・・といった内容になっておりました。


つまりは、いわゆる「出来る占い師」になるためには、
占いの知識も大切ですが、鑑定の実践が重要であること。
さらには実践が多ければ良いものでもなく
自身の下した判断に対して、終日乾乾
推敲することが大事なことですね。
そうなれば「飛竜天にあり」となり
世に羽ばたくことができるというものです。


IMG-2670
IMG-2671

昨日は認定表彰式を行いました。
今回は4名の鑑定師が誕生しました。

これからが大切ですので、しっかりと
実践を積みながら勉強を怠らないように
さらなるレベルアップを目指してください。


ブログ用


認定表彰式





【春の四柱推命講座!受講生募集中】
5月20日(土)14時〜新規開講!
詳細はこちらよりどうぞ。
四柱推命講座のご案内

テレビ関係者が選ぶ、性格の良い男性タレントが
朝のテレビ番組で放映されていました。
1位は俳優の鈴木亮平さんでした。
目上目下関係なくスタッフへの気配りが大変良いそうですね。

鈴木亮平さんの生年月日から四柱推命をみてみましょう。
1983年3月29日生まれ。
日月年
丙乙癸
辰卯亥

正官、印綬が天干に並んでおり、しっかりと根があります。
正官が印綬を生じながらさらに日干を生じています。
真面目で誠実さのある人柄が命式にも出ていますね。
さらに真面目だけでなく要領もよく、人当たりも良いので、
命式から見ても1位に選ばれたのは納得できます。

このような命式の人は、将来に長年の芸能活動が評価され、
紫綬褒章のような国から栄誉を授かるでしょう。


【春の四柱推命講座!受講生募集中】
5月20日(土)開講予定!
詳細をこちらよりどうぞ。
四柱推命講座のご案内


↑このページのトップヘ