占い師:誠象のブログ 四柱推命・易・占星術

四柱推命・易・占星術・六壬神課・ホラリー占星術など占い全般について気づいた事をつづっていきます。

今日2022年4月25に生まれた人の命について解説します

日月年
戊甲壬
申辰寅
病冠長

命式から一見して良いかどうかを判断することも大切です。
3つの天干は地支に根がありしっかりしています。天干通変星は財官となりますので、日干身旺でなくてはなりません。辰月であるので基本身は強いと観ます。戊の特性を生かすには水と火があって、甲の存在が大事になります。それらをすべて兼ね備えていますので一見して良い命と判断できます。社会的に成功の道を歩むのではないでしょうか。但し生まれた時間が子時の場合は地支水局で土砂崩れとなり一転しますので注意が必要です。

戊申日の生まれの人は、基本明るく穏やかな性格ですが世間の常識に囚われない生き方をする人が多いようです

先日、ドラえもん、笑うセールスマンで有名な藤子不二雄A(安孫子 素雄)先生が亡くなられました。 日本の国民的アニメといわれる作品ですよね。ドラえもんをメインで描いていたのはコンビ?を組んでいた藤本先生なのですが、子供のころに読んでいた(ドラえもんの)単行本でごくたまにタッチというか作風の異なった巻があるのは気づいておりました。その時は作者の都合で違う人が書いたんだと思っておりましたが。


安孫子先生の生年月日は、ウィキペディアでは1934年3月10日です。
日月年
庚丁甲
辰卯戌
となります。
窮通宝鑑にも出て来る火錬真金の命で、三干関係がとてもよく大変良い命です。特にモノづくりや芸術家、学者など作品を世に残す命ですね。この生年月日であればウィキペディア情報は間違いないでしょう(有名人のネットに出ている生年月日は信用できないところがあります)。甲は丁を生じて丁は庚を鍛錬するといった関係です。本来は秋生まれが理想ですが、戌年の辰日に生まれているのが幸いですね。

お亡くなりになった日は、2022年4月7日
日月年
庚甲壬
寅辰寅
命との関係は、やはり合冲が多くなっています。

運も実力も兼ね備えていて良い人生を歩まれたことと思います。ご冥福をお祈りいたします。

昨日の火曜日クラスは師範コースの最終日でしたおめでとうございます
2018年4月に初級コースが始まり、中級→上級→師範コースと計4年間の大変長い道のりでしたが、当初四柱推命をまったく知らずにスタートしたのが現在では指導者レベルにまで成長されて大変感慨深いです。

それでは、前回より続いている今日生まれたと仮定?して命式を解明してみましょう

日月年
癸甲壬
卯辰寅
生養沐
となります。この命も出生時間によって解釈が大きく変わりますね 
地支東方木方合しており時間に金の五行や水の根がなければ、従児格になります。特殊命と言われる外格で用神の取方が異なってきます。こういう人の特徴は特殊な才能が豊かで、国内という狭い範囲で納まらず海外で活躍する人も多いです。組織にはなじまないので、専門職として活躍を目指すのが良いでしょう。見ためや第一印象は穏やかさと気品を醸し出しますが、プライドはかなり高く人を見下しやすい点に注意が必要です。また男女問題も多く発生しやすい命ですので、こちらも要注意ですね 養子養女家系の生まれに多いのも特徴です。



今日の午前中は、四柱推命中級コースのクラスでの講座がありました。午後からの研究会が都合でなくなったため、午前クラスの受講生皆さまと久々のランチです また午後から余裕ができたので、ブログを書けるときにアップいたします

本日は「2022年4月17日」。
※出生時間は考慮にいれませんので、おおよその判断になりますことをご了承ください。

命式は、下記の通りですね。
日月年
庚甲壬
子辰寅
死養絶

天干、月干は地支に根があり強くしっかりしています。甲は偏財、壬は食神です。日干身旺であれば、食傷財を生む形で理想形ですので出生時間によって大きく吉凶異なっており一概に論じられません、また申建禄の挟禄となっていても水に流れてしまうのが残念なところですね。そうは言っても月支辰が庚の印になり、月支が良い役割をする命は悪くないでしょう。庚甲の学問に長けており先生と呼ばれる仕事を目指すのも良いですね。但し身弱で食傷財が強いときは、人に意見に流されないようにしてください。西方金の運を待ちますので、中年から晩年に成功を期待できます。

本日の講座で、受講生さんより最近ブログの更新が少ないですね、
楽しみにしている人もいますよ。と言われました。

見てくれてる人もいるんだと、はたと、気付かされましたが、忙しさを理由に最近書き込みはほとんどなかったですね。

日記のように書いていけば?とも言われましたので、そのように気軽に書いていきます。

しかし、いざ書こうと思うと筆がなかなかすすみませんね

なのでこれからテーマを決めて書こうと思います。

いくつか考えたのですが、テーマがありこれが良さそうです。

今日生まれた子について四柱推命の観点から見てみようと思います。

毎日悩まないで書けるし、見てくれている受講生の方も勉強になりますからね。

それでは早速、本日は「2022年4月16日」。
※出生時間は考慮にいれませんので、おおよその判断になりますことをご了承ください。

命式は、
日月年
己甲壬
亥辰寅
になりますね。


まず、ぱっと見で運勢的に良いかどうか、天干と地支の配合をみれば、干にはそれぞれ根があり、しっかりしているので運勢的には良い命で、いわゆる良いところの家の生まれになります。通変星も正官正財で辰月で財官に対応でき穏やかで真面目な性質で争いごとを好まず、フレンドリーで元気のよい子になるでしょう。 男命は結婚したら養子か妻の言うことに従ったほうが良いです。ただ異性にもてすぎて恋愛トラブルには要注意です。 尚出生時間にもよりますが、親が期待をかけすぎて学校に行くのが嫌になることも。あれこれと言うよりおおらかな気持ちで見守りましょう。
 ※辰空亡ですが当流派では月支元命の空亡は論じません。







↑このページのトップヘ