占い師:誠象のブログ 四柱推命・易・占星術

四柱推命・易・占星術・六壬神課・ホラリー占星術など占い全般について気づいた事をつづっていきます。

2021年国運占です。
六壬神課にて2021年2月3日の立春占です。

四課三伝がすべて土行で鬼爻となっています。
乗じている天将も白虎、勾陳と凶星です。
土の五行が官鬼爻となるのは、
国民が天災や地震などの災害に苦しむ意味が強いです。
白虎は伝染病の意で、まだまだコロナ禍が
落ち着かないのか、新たな伝染病に苦しむのか
不安なところです。
勾陳は戦争やテロの意味があるので、
それが土の官鬼爻に乗じるのは、
周辺国の戦乱に巻き込まれる恐れがあります。

2020年はコロナウィルスで大変な年でした。
昨年のこの時期に占った2020年の立春占では、
土の五行がほとんど子孫爻になり、国家国民の
エネルギ―の消耗と官(仕事)を傷つけることを
表すため、体力(財政)的消耗と働く人達が
大変であると断じたわけですが、
2021年は2020年よりもよろしくないと
感じるのは、四課三伝のすべてが土の五行で
官鬼爻となっており、これは国民が
直接傷つく意味が出ているため、
災害、就職難や金銭的貧困といった
昨年よりも辛い思いをする人が多くなる
怖れがあるからです。

2021年と2020年を比較した場合、
2020年は悪いながらも直接被害に
遭うというより、疲弊(体力消耗)
という感覚であり、2021年は
直接的な被害を受けるという感覚に
なるのでしょうか。


どんなに大変でも乗り越えられない苦難は
ありません。
不幸にもそういった災難に遭遇して
しまったとしても、あきらめずに
一歩づつ前に進んで行きましょう。





昨日は四柱推命の研究会でした。

先月に師範コースを修了した
メンバーが主体です。

皆さんこの研究会を楽しみに
されていたようで、嬉しい
限りです。

研究会では、例題として取り上げた人の
生年月日について色々と探求して
いくのですが、講座で習った様々なことを
応用しながらスキルアップを図り、
実戦力を磨いていきます。

昨日の研究会では、「その人について、ここの運が
悪いと分かっていても、それを如何にうまく
伝えるかですよね」との発言で、
どうしたら相手が傷つかずに良い方向に
向いてもらえるか、うまく伝える方法はないか、
ということについても触れました。
これも占い師として、大切なことですね。


この先研究会メンバーが増えて、
さらに活気がでてくることを
期待しています!


研究会について

今月認定鑑定師表彰式があり、
3名の鑑定師が誕生しました。

表彰式には臣宿師匠にもご出席いただき、
占い師としての心構えや、ご自身の経験談を
面白おかしく話していただきました。
話の内容については別の機会が
あればアップします。
20201215
認定鑑定師表彰式







今回認定鑑定師になった方に限らず、
3年間勉強された方は、
知識や技術は十分身に付けていると
思います。ただその知識を応用し
自由自在に発揮することは、
やはりなかなか難しいですよね。

今後どうすれば発展できるかですが、
一番は実践鑑定でしょうか。
つまり相談者の方からお金を頂いて、
汗水流して鑑定することです。

ただ最初の頃によく陥りがちなのが、
自信がないから料金を下げて
鑑定する、自信が付いたときに
料金を上げるというのは
鑑定師自身はもちろん、
相談者の方に対しても失礼であり
良くありません。

料金を安くしているから
この程度でもいいや、という思いや
自信がないという後ろめたさを、
無意識のうちにエクスキューズ
してしまうからです。



3年間学んできたことを
自信を持って、人のため
自分のために生かしてください。


占い師になるには















四柱推命講座師範コースの6名の方が、
今回すべての課程を修了しました。
今後は研究会メンバーになります。

今まで学んだ知識は相当なボリュームになりますが、
その知識を応用するには実践あるのみですね。


研究会は実践形式の場ですので、
今までの知識を自分のものにして、
占術にさらなる磨きをかけて行ってください。


syuryo20201115






師範コース修了メンバー
全員マスク姿はのちの記念ですね(笑)

鑑定において筮前の審事(占う対象は何か、
吉凶を断ずる事柄についてしっかりと吟味すること)
はとても大切です。
いわゆる占的は何か、としっかりと見定めれば、
外すことはほとんどないでしょう。

そのためには、相談者の話をよく聞いて、
本当のところ何を占ってほしいのか
しっかりと理解することは言うまでもないです。


ただ私の場合、気が向いたとき?とか
何気なくですが、この日のこの時間に
来る人はどんな相談だろうか?と前もって
六壬神課を使って盤を立てる場合があります。

この六壬神課には、この日この時に
来た人の相談事の多くは「何か」を
断じている課体があり、今までの鑑定
経験からすると、その的中率は驚異的です。


実際の鑑定からいくつか例えると、
ある日時の課体では、「必ず財動の事あり、
遠近を問わず財は我が身に至る」と
いうのがあります。
そのことを相談者に尋ねると、
「ある遠い親戚が亡くなり、その人は
身寄りがないため、自分がその財産(かなりの額)を
相続することになった」。


「この日この時間に尋ねてくる女子は、
双女である」という文言があり、その時の
鑑定では気に留めなかったが、当人より
双子の姉がいることを告げられたとか、

「この日時の相談の多くは土地家屋の件なり」
という課体の場合には、
相談者より開口一番、土地と家を購入したいが、
時期はいつ頃が良いか?
などです。

その他恋愛トラブルや、神さまごと?の件など、
実際に鑑定をしていて驚くことが多いです。


ただ吉凶を断ずるには、その課体の読み方を
しっかりとマスターしないと単にその相談
内容を的中させただけで意味がなくなって
しまいます。




六壬神課の課体と言われる盤は、
720局あって、2時間ごとに
変わっていきます。
この720局には、あらかじめ定められた
吉凶や出来事が示されていますが、
720局は単純に720種類というわけでなく、
季節や12天将の配置により、その1局に
ついてさらに多くの組み合わせができるため
実際の鑑定で吉凶を断ずるのは単純では
ありません。











↑このページのトップヘ