占い師:誠象のブログ 四柱推命・易・占星術

四柱推命・易・占星術・六壬神課・ホラリー占星術など占い全般について気づいた事をつづっていきます。

今年の九星は、
八白土星・・・
という言葉は、九星を良く知らない人で
あっても聞いたことがあると思います。

その九星暦が記されているカレンダーや
万年暦によって、2019年11月23日から
約半年間、日にちの九星が異なっていることに
気がついた人もいるかもしれません。

私は九星を利用するのは、年月の九星は方位に、
択日の九星は五黄日を除いて
あまり使わないので影響は少ないですが、
九星で占う人にとっては、大変な問題です。
※五黄日だけは同じになります。

なぜこのような現象が起きたかというと、
日の九星には(流派にもよりますが)
陽遁日、陰遁日という切り替わり目があり、
その切り替わり目は冬至、夏至の日から
前後最も近い甲子の日を以って、それぞれ
陽遁日陰遁日が開始するという規則が
あります。

甲子は60干支の最初に当たるわけですが、
この60干支はずっと繰り返していきます。
そうすると1年は365日(閏年は366日)なので、
最初に冬至あるいは夏至の日に甲子であっても
毎年5日or6日づつずれていってしまうので、
11.5年でおおよそ60日のずれを
冬至あるいは夏至からもっとも近い
甲午(甲子のちょうど対極)の日をもって
陰遁陽遁日の調整しています。

問題は、前回の置閏が2008年の冬至でしたので、
順当に行けば2020年の夏至の甲午日に
当たるわけで、市販の九星カレンダーや暦には、
これをもとに配置されております。
しかし、2019年冬至から起算した甲午日
の方が20時間ほど近いために、別の暦には、
この日に置閏されたものがあるためです。
この違いは2020年の7月20日まで
続きます。






こんにちは。

昨日、四柱推命講座初級コースを開講いたしまた。

受講生のほとんどの皆さまが、
はじめて四柱推命を学ばれます。

慣れない単語も多く出てきますが、
決して難しいことはありませんので、
習ったことをしっかりと
次回講座までに憶えてきてくださいね。
今後の成長が楽しみです。

基本は陰陽五行です。

『手相』をテーマに会員限定の特別講座を開催しました。



今回の特別講座は、モニターさんを募って、
実践さながらの手相鑑定となりましたが、
どのように看るのかコツを掴むためには、
テキストで学ぶより印象深かったのでは
ないでしょうか。

その時の様子です↓
kouza20191102







手相鑑定では、
手相線はもちろん大切ですが、
手の形、色、手の出し方から始まり、

手のひらに出る画象が、
どの室(宮)にあるのか、

さらに最終的は易と手相の関わりが、
とても深いことなど、
理解していただけたのでは?と思います。
(易をまだ習ってない方には、
大変申し訳ございませんでした。)









先日、天元烏兎経の吉日、と吉方位を利用して、
今年認定鑑定師となられたメンバーと一緒に
奈良県の大神神社へ行ってきました。

IMG_0315IMG_0321












天気にも恵まれて、とても良い気分の吉方位ツアーに
なりました。

大神神社のご神体山である、
三輪山にの登ったのですが、
実際登ってみると、三輪山は見た目以上に
きついです。足もつりそうで、途中途中
もう限界と思いながら、なんとか一番上
まで行くことができたのですが、
下りがまたしんどい(笑)。

汗だくになりながらも、下山したときには
今までの辛さを忘れて、とても爽快でした。

慣れている人は、汗ひとつかいていないので、
凄いですね。
さすがに運動不足を痛感しました。次回登るときは、
しっかり準備してから登ります。
IMG_0327











この先が登山口です。

誠山会は、本日11月1日より法人化いたしました。

つきましては、本日より
一般社団法人 三才占學誠山協会
となりますので、お知らせいたします。

今後も、伝統ある占術を後世に
正しく伝えるべく頑張って参ります。




↑このページのトップヘ